メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

経産省元審議官に有罪判決、所管先の株をインサイダー取引

インサイダー取引事件で経産省元審議官を有罪とした2013年6月28日の東京地裁判決の要旨

 被告人を懲役1年6月及び罰金100万円に処する。
 未決勾留日数中100日をその懲役刑に算入する。
 その罰金を完納することができないときは、金1万円を1日に換算した期間被告人を労役場に留置する。
 この裁判確定の日から3年間その懲役刑の執行を猶予する。
 被告人から金1031万9500円を追徴する。
 訴訟費用は被告人の負担とする。

[判決理由の要旨]

(罪となるべき事実)

 被告人は、経済産業省大臣官房審議官として、経済産業大臣の命を受けて、同省商務情報政策局情報通信機器課が所掌する半導体素子、集積回路その他情報通信機器等の部品等に関する事業の発

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。