メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

内部通報制度に守秘義務 公益通報者への報復に行政措置も

「公益通報者保護法改正の視点」に関する宇賀教授の発言

 消費者庁の「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会」の座長を務める宇賀克也・東京大学法学部教授(行政法)は1日夜、東京・霞が関の弁護士会館で開かれたシンポジウム「企業コンプライアンスと内部通報制度」で「公益通報者保護法改正の視点」について次のように述べた。

拡大公益通報者保護法改正について話し合われたシンポジウムの様子=2016年3月1日、東京・霞が関で
 わたくし現在、公益通報

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。