メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資料庫

福島原発事故で検察は最強の特捜ラインで腹をくくって事実固め

福島原発事故に関する東京電力元会長らに対する起訴状

 被告人勝俣恒久は、平成14年10月から東京都千代田区内幸町1丁目1番3号に本店を置く東京電力株式会社(以下「東京電力」という。)の代表取締役社長、平成20年6月から同社代表取締役会長として、東京電力が、福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22番地に設置した発電用原子力設備である福島第一原子力発電所の運転、安全保全業務に従事していた者であり、

 被告人武黒一郎は、平成17年6月から東京電力の常務取締役原子力・立地本部本部長、平成19年6月から同社代表取締役副社長原子力・立地本部本部長、平成22年6月から

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。