メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第一原発事故と東京電力のリスク管理

東京電力本店ビル=東京都千代田区内幸町

 東京電力福島第一原子力発電所1~3号機の原子炉は2011年3月11~15日に、すべての電源を相次いで失って制御不能となり、外界に放射性物質をまき散らす異常な事態に陥った。4号機も、3月11日に全電源を喪失して15日に原子炉建屋が爆発し、使用済み燃料の状況が一時的に不明となった。あのとき現場では何が起きていたのか。東京電力やそのステークホルダーたちは事態にどう対処したのか。そして、なぜあのような事故が発生し、なぜあのように事故を拡大させる結果となったのか。東京電力を含め日本は原発事故のリスクをどのようにとらえ、それをどのように管理しようとしていたのか、いるのか。

この特集に対する記事

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。