メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

内部告発 in アメリカ

(1) 億万長者になった「スパイ」、病院チェーンの不正請求を政府に

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

拡大
 1997年7月16日午前9時。米連邦捜査局(FBI)捜査官たちの一群がジョン・シリングさん(46)の職場に現れた。

 「みんな、自分のコンピューターから離れるんだ!」

 高く上げた手にバッジをかざして、捜査官が叫ぶ。事務所の建物の中を迷うことなく動き回る捜査官たちに、職場の同僚らから驚きと戸惑いの声が漏れる。あわせるように、シリングさんはあえて驚くふりをしてみせる。

 実際には前夜、強制捜査着手の予定を知らされていた。朝から気を高ぶらせながらその瞬間を待っていた。スムーズに捜査官が展開できるように職場の平面図を描いてFBIに渡したのもシリングさんだった。

ジョン・シリングさん拡大ジョン・シリングさん

 アメリカには、内部告発のおかげで政府への不正請求を摘発できた際に、回収した公金の15~30%を内部告発者に報奨金として渡す制度がある。南北戦争の時代に制定され、1986年に抜本改正された「不正請求法」という法律に基づく。

 シリングさんは96年2月、この制度を利用。勤務先だった大手病院チェーンの健康保険不正請求を内部告発する訴状を裁判所に提出した。提訴の事実は極秘にされ、シリングさんはFBIの内偵捜査に協力。FBIの求めで、職場に復帰。FBIのために同僚との会話を録音したこともある。いわばスパイだった。

 2003年6月26日、米司法省は「史上最大の保健医療詐欺事件の捜査で総計17億ドル(2千億円弱)を回収」と記者発表した。その発表文の中にシリングさんの名前があった。もう1人の元社員とともに「和解金のうち報奨金として計1億ドルを受け取る」とあった。「過去9年間に及ぶ捜査と訴訟における内部告発者(ホイッスルブロワー)たちの助けに感謝する」との司法長官補のコメントが添えられていた。

 内部告発者シリングさんは億万長者になった。

  ▽筆者:奥山俊宏

  ▽この記事は2008年9月30日の朝日新聞朝刊に掲載された原稿に加筆したものです。

  ▽内部告発 in アメリカ(2):  公金1兆3千億円を回収、内部告発者の協力で


奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)で第21回司馬遼太郎賞(2017年度)を受賞。同書に加え、福島第一原発事故やパナマ文書の報道も含め、日本記者クラブ賞(2018年度)を受賞。近刊の共著書に『バブル経済事件の深層』(岩波新書、2019年4月)。
 そのほかの著書として『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』(朝日新聞出版、2017年11月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)がある。共著に 『現代アメリカ政治とメディア』(東洋経済新報社、2019年4月)、 『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。