メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

連載・滝沢隆一郎

(1) 第二の人生が暗転? 内容証明郵便が届いた夏の日

 

滝沢 隆一郎(たきざわ・りゅういちろう)

 ■幸せな転職

 田中明夫(仮名)は、幸せな転職をした。

 電気製品用の希少金属(レアメタル)や鉱物由来素材を取り扱う商社の営業本部長を長く務め、売上げ拡大と会社の発展に貢献してきた自負がある。

拡大滝沢 隆一郎(たきざわ・りゅういちろう)
 1966年生まれ。弁護士。架空の保険会社を舞台にした小説『内部告発者』で2004年に第1回ダイヤモンド経済小説大賞(現・城山三郎経済小説大賞)を受賞。「滝沢隆一郎」はその際のペンネーム。弁護士としては、商取引、営業秘密保護、リスクマネジメントなどに詳しい。また、脚本協力・法律監修で約40作品のテレビドラマ制作等に関与している。

 54歳。まだ定年を考える歳ではなかったが、昨年、会社の社長が創業者オーナーから、自分より15歳若いジュニアに交代した。

 若社長に気を使って身を退くなどという大層なものではなかったが、二代目が打ち出す新しい営業方針は、これまでの自分のやり方を否定されている気もした。

 この会社では、自分の役割は終わったのかなという寂しさとともに、もうひと花、咲かせられるという自信もあった。

 田中は、元の会社、井上金属総合商事(仮名)を退職した。功労分を上積みした十分な金額の退職金も受領した。

 たまたま、前から声をかけてくれていたナノメタリクス(仮名)という新進の同業他社があり、インセンティブ(業績対応賞与)付きの好待遇で入社した。

 以前からの得意先にも転職のあいさつに顔を出し、その中の何社かは、新規の取引を申し出てくれた。長年の信用に基づく幅広い人脈と豊かな業界経験が、田中の財産だった。

 インセンティブだなんて、一流のプロ野球選手みたいで格好いいじゃないか。田中は思った。俺は運がいい。いや、運も実力のうちだ。

 順調にスタートした田中の第二の人生は、サラリーマンであれば誰にでもありうる普通の転職のはずであった。

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

滝沢 隆一郎(たきざわ・りゅういちろう)

 1966年生まれ。弁護士。東京大学法学部卒。架空の保険会社を舞台にした小説『内部告発者』(角川文庫)で2004年に第1回ダイヤモンド経済小説大賞(現・城山三郎経済小説大賞)を受賞。「滝沢隆一郎」はその際のペンネーム。本サイトにプロ野球とコンビニ経営企業を題材にした小説『ミラクルシックスの大飛球』を連載した。
 弁護士としては、商取引、営業秘密保護、リスクマネジメントなどに詳しい。また、脚本協力・法律監修で50作品を超えるテレビドラマ制作等に関与している。38年間にわたって日本ハム・ファイターズの熱烈なファンである。

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。