メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘り

鳩山氏、献金偽装の動機を秘書に尋ねず?

「『なぜ』よりも事実確認」と鳩山氏

 鳩山由紀夫氏は2010年2月12日の衆院予算委員会で、勝場啓二秘書が収支報告書に虚偽を記載した動機について、みずから直接には勝場秘書に聴いておらず、弁護士に調査を任せていたことを明らかにした。

 与謝野馨議員から「なぜやったのかということを聞きましたか」と尋ねられたのに対し、鳩山氏は答弁の中で、「故人献金」の問題が朝日新聞に報じられた2009年6月16日に勝場秘書に会った事実を明らかにし、その際、「『なぜ』ということよりも、私としてはその事実を確かめた」と述べ

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。