メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

編集部からのお知らせ

「法と経済のジャーナル AJ」の「論座」傘下への引っ越しのお知らせ

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 このウェブサイト「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」(AJ)をご愛顧いただき、ありがとうございます。

拡大論座への移行パターン。AJと「論座」の双方を購読中である場合、重複することのないように朝日新聞社側で5月末に適宜、切り替え、解約をする予定
 このたび、AJは今年6月1日をもって朝日新聞社の言論サイト「論座」の下に引っ越すことになりました。

 これまで一戸建て専門店だったAJが、「論座」という総合デパートのテナントになって、より多くのお客様によりお気軽に接していただくことができるようになろうというような狙いです。

 2010年7月にスタートして以来、AJは、企業など組織や経済・社会の今後に影響を与えるかもしれない法制度やその運用・執行、経済事件の背景や裁判をできるだけ詳しく伝えようという編集方針で運営してまいりましたが、その点は今後も変わりありません。

 これまでの11年弱の間に蓄積されている約1600本の記事は引き続きご覧いただけます。さらに、政治、国際、社会、スポーツ、文化・エンタメなど幅広いジャンルにわたる「論座」の全記事約1万7000本もご覧いただけるようになります。

 現在のみなさまのアカウント(朝日ID)とログインパスワードは、「論座全ジャンルパック」購読者として自動的に引き継がれ、改めてのお手続きは不要です。

 「論座全ジャンルパック」は月額770円(税込み)で、現在のAJの月額1100円(同)から大幅値下げとなります。

 引っ越しを機にこれまでにも増して魅力的なコンテンツの発信に努めてまいりますので、引き続きご購読いただきますようお願い申し上げます。

 すでに「論座全ジャンルパック」と「法と経済のジャーナル」の双方をご購読いただいている方は、5月末をもって法と経済のジャーナルは自動解約となります。
 また、「政治・国際」など論座各ジャンル別コース(月額275円)と「法と経済のジャーナル」の双方をご購読いただいている場合はそれぞれ自動解約となり、「論座全ジャンルパック」のご購読に一本化されます。いずれも重複することはありません。

 なお、システムメンテナンスのため、5月27日から同月末日まで、新規購読申込と解約の受付を停止させていただきます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

奥山 俊宏(おくやま・としひろ)

 朝日新聞編集委員。
 1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部、特別報道部などで記者。『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
 著書『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)で第21回司馬遼太郎賞(2017年度)を受賞。同書に加え、福島第一原発事故やパナマ文書の報道も含め、日本記者クラブ賞(2018年度)を受賞。近刊の共著書に『バブル経済事件の深層』(岩波新書、2019年4月)。
 そのほかの著書として『パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く』(朝日新聞出版、2017年11月)、『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書、2011年6月)、『内部告発の力 公益通報者保護法は何を守るのか』(現代人文社、2004年4月)がある。共著に 『現代アメリカ政治とメディア』(東洋経済新報社、2019年4月)、 『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版、2012年12月)、『ルポ 内部告発 なぜ組織は間違うのか』(同、2008年9月)、『偽装請負』(朝日新書、2007年5月)など。
 ツイッターはhttps://twitter.com/okuyamatoshi
 ご連絡は okuyama-t@protonmail.com、または、okuyamatoshihiro@gmail.comに。メールの内容を暗号化する場合はPGPで。パブリックキーのIDは7D2BAD43550EAD96

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。