メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

調査・検証

不祥事の調査

スリープログループの第三者調査委員会の事例

 営業・販売などの支援サービスを事業内容とする持ち株会社「スリープログループ」は2010年11月18日、高野研・社長の辞任を発表し、続いて、同前社長の不正行為を調査する第三者調査委員会の設置を発表した。「第三者調査委員会は日弁連策定のガイドラインに添って運営を行う予定」とも明らかにした。そして12月14日、その調査報告書の全文を公表した。

 調査報告書によると、スリープログループでは2009年10月、子会社2社が日本振興銀行の株式を引き受けることを条件として、高野社長の資産管理会社が同銀行から融資を受ける

この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

法と経済のジャーナル Asahi Judiciaryは朝日新聞デジタルの一部です。
有料(フルプラン)購読中の方は、ログインするだけでお読みいただけます。

朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facebookでコメントする

ご感想・ご意見などをお待ちしています。