メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「公正取引委員会」の記事一覧

公取委員長の語るGAFAなどプラットフォーマーによるデータ寡占と競争政策

公取委員長の語るGAFAなどプラットフォーマーによるデータ寡占と競争政策村山 治 (2019/11/24) 

 インターネット上で展開されるサービスの基盤(プラットフォーム)となるようなシステムを消費者に提供するグーグル、ア…続きを読む

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性川合 弘造 (2018/04/02) 

地方銀行の統合と企業結合審査   西村あさひ法律事務所 弁護士 川合 弘造 弁護士 堀 美穂子 1. は…続きを読む

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞村山 治 (2015/04/15) 

 前公正取引委員会委員長の竹島一彦さん(72)が15日(米東部時間で14日夜)、ワシントンD.C.のホテルで、イギ…続きを読む

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか笠井 計志 (2015/03/30) 

取締役会議事録閲覧謄写における裁判所の許可の性質について    ~取締役会議事録が捜査機関に押収されている場合~ 弁護士 笠 井 計 志  第1 取締役会議事…続きを読む

消費増税の転嫁拒否は特措法違反か 「消費税還元セール」は?

消費増税の転嫁拒否は特措法違反か 「消費税還元セール」は?中島 和穂 (2013/12/11) 

 大規模小売業者による消費増税分の価格転嫁を促す一方、納入業者らへの税負担押しつけを回避する特別措置法が10月から…続きを読む

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える (2012/07/31) 

カルテルと役員の責任   弁護士 三浦高敬    第1 カルテルの法的規制について   独占…続きを読む

ごみ焼却施設の談合賠償金、高利で自治体潤す (2011/01/28) 

 ごみ焼却施設の談合事件をめぐり、「建設費がつり上げられた」として業者を相手に住民が起こした損害賠償請求訴訟で、住…続きを読む

「工業会」が特許を背景に販売を制限か 加盟社で独占はかる? 公取委が警告へ

「工業会」が特許を背景に販売を制限か 加盟社で独占はかる? 公取委が警告へ (2010/12/26) 

 群馬県の技術基準の適用を受けたバリアフリー化のための側溝を、製造・販売する業者の事業協同組合「群馬県GBX工業会…続きを読む

グーグル・ヤフー提携 公取委、苦渋の決断 残る懸念、海外では監視も (2010/12/03) 

 米グーグルと日本のヤフーの提携について、公正取引委員会が2日、改めて「独占禁止法上、問題ない」との判断を下した。…続きを読む

ヤフー・グーグル提携、くすぶる懸念

ヤフー・グーグル提携、くすぶる懸念 (2010/11/27) 

 ネット検索で世界最大手の米グーグルと国内最大手の日本のヤフーの提携をめぐり、懸念がくすぶっている。公正取引委員会…続きを読む

EC競争当局者「制裁に国籍差別はない」「ここ数年で日本企業の姿勢が変化」

EC競争当局者「制裁に国籍差別はない」「ここ数年で日本企業の姿勢が変化」 (2010/10/28) 

 欧米や日本の公正取引委員会をはじめ、世界の競争当局が国際カルテルの調査を強化している。世界で事業展開する日本企業…続きを読む

海外5当局が同時調査 車の配線、日本企業カルテル容疑

海外5当局が同時調査 車の配線、日本企業カルテル容疑 (2010/08/24) 

 ワイヤハーネスと呼ばれる自動車の配線をめぐり国内の大手各社がカルテルの疑いを持たれている問題で、日本の公正取引委…続きを読む

《高裁判決全文》6社に3億3千万円賠償命令 尼崎市ごみ焼却施設工事談合 大阪高裁差し戻し控訴審 (2010/08/22) 

 兵庫県尼崎市発注のごみ焼却施設工事の落札額が談合によって不当につり上げられたとして、地元住民が大手プラントメーカ…続きを読む

(上) 最近の独禁法違反事件の特徴と独禁法遵守への企業の姿勢の変化

(上) 最近の独禁法違反事件の特徴と独禁法遵守への企業の姿勢の変化 (2010/08/17) 

 日本の独占禁止法は、どのような要請に基づいて生まれ、育ち、いま、どの方向への途上にあるのか。住友化学の法務部長や…続きを読む

「不公正な取引方法」への課徴金、その「リスク」の実態、独禁法改正の皮肉な現実

「不公正な取引方法」への課徴金、その「リスク」の実態、独禁法改正の皮肉な現実川合 弘造 (2010/07/28) 

 独占禁止法の昨年の改正で、課徴金納付命令の対象となる行為が「不公正な取引方法」などに拡大されたが、その実態はどう…続きを読む

司法書士会連合会「報酬上限」先送り 公取委と調整つかず (2010/07/21) 

 日本司法書士会連合会は25日、報酬の上限設定を先送りする方針を明らかにした。債務整理にかかわる司法書士らの高い報酬やモラルの欠如が社会問題化し、24、25日…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1