メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本サイト「法と経済のジャーナル AJ」が今夏、「論座」傘下に引っ越しへ

「東京電力」の記事一覧

東京電力「しゃべればいいのに、しゃべらないから言いなりに」

東京電力「しゃべればいいのに、しゃべらないから言いなりに」奥山 俊宏 (2021/03/15) 

 大手電機設備会社の社員として長年にわたって東京電力の原発で働いてきた彼は、2011年3月11日から15日にかけて…続きを読む

福島第一原発3号機爆発「低く速いダーンッ!」無衝撃の轟音

福島第一原発3号機爆発「低く速いダーンッ!」無衝撃の轟音奥山 俊宏 (2021/03/14) 

 大手電機設備会社の社員として長年にわたって東京電力の原発で働いてきた彼は、2011年3月11日から15日にかけて…続きを読む

福島第一原発1号機の爆発音は「抜けたなぁみたいな軽い音」

福島第一原発1号機の爆発音は「抜けたなぁみたいな軽い音」奥山 俊宏 (2021/03/13) 

 大手電機設備会社の社員として長年にわたって東京電力の原発で働いてきた彼は、2011年3月11日から15日にかけて…続きを読む

事故原発に首相、作業員「怒ってるよ、菅直人、何しに?」

事故原発に首相、作業員「怒ってるよ、菅直人、何しに?」奥山 俊宏 (2021/03/10) 

 大手電機設備会社の社員として長年にわたって東京電力の原発で働いてきた彼は、2011年3月11日から15日にかけて…続きを読む

福島原発事故報道への批判への反論 記者はあのときどうするべきだったか

福島原発事故報道への批判への反論 記者はあのときどうするべきだったか奥山 俊宏 (2021/03/09) 

 以下の原稿は、朝日新聞ジャーナリスト学校発行の月刊誌『Journalism』2012年7月号に「取材記者による特…続きを読む

福島第一原発事故の現実と認識、その報道、それらのギャップ

福島第一原発事故の現実と認識、その報道、それらのギャップ奥山 俊宏 (2021/02/15) 

 以下の原稿は、朝日新聞ジャーナリスト学校発行の月刊誌『Journalism』2012年6月号に「取材記者による特…続きを読む

震災直前、電力会社への事前説明などで「巨大津波の可能性」評価を決定延期

震災直前、電力会社への事前説明などで「巨大津波の可能性」評価を決定延期奥山 俊宏 (2019/11/14) 

 東日本大震災発生2日前の2011年3月9日に政府の地震本部で「宮城県中南部から福島県中部にかけての沿岸で、巨大津…続きを読む

福島原発事故で検察は最強の特捜ラインで腹をくくって事実固め

福島原発事故で検察は最強の特捜ラインで腹をくくって事実固め村山 治 (2019/09/25) 

 福島第一原発の事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久・元会長、武黒一郎・元フェロー、…続きを読む

【要旨】福島第一原発事故で東京電力元会長らが起訴された刑事裁判の一審判決の要旨 (2019/09/20) 

判決要旨 【判決日】令和元年9月19日 【裁判所】東京地方裁判所刑事第4部(裁判長裁判官 永渕健一) 【事件名等】平成28年刑(わ)第374号 業務上過失致死…続きを読む

日米でこんなに違う原発事故の対応、福島の教訓

日米でこんなに違う原発事故の対応、福島の教訓奥山 俊宏 (2016/03/30) 

 日本にある商用の原発はすべて、もとはといえば、米国から導入した技術でできている。日本で初めての炉心溶融事故を起こしたのも、米国の原子炉メーカー、ゼネラル・エ…続きを読む

福島第一原発1号機冷却停止、現場は最初から把握、伝わらず

福島第一原発1号機冷却停止、現場は最初から把握、伝わらず奥山 俊宏 (2016/03/11) 

 東京電力の福島第一原発1号機(福島県大熊町)で2011年3月11日に原子炉の冷却に失敗して国内初めての炉心溶融事…続きを読む

福島第一原発1号機の時系列 非常用復水器(IC)はなぜ誤認されたか

福島第一原発1号機の時系列 非常用復水器(IC)はなぜ誤認されたか奥山 俊宏 (2016/03/11) 

 東日本大震災発生直後の2011年3月11日、福島第一原発では1号機の原子炉がだれにも気付かれないまま日本国内初め…続きを読む

原発再稼働、完全に安全を確認? 安全神話を復活させるのか?

原発再稼働、完全に安全を確認? 安全神話を復活させるのか?奥山 俊宏 (2015/10/15) 

 原子力発電所の再稼働が本格的に始まった。それを見て私は安倍晋三首相の米国でのある約束を思い出す。 ▽筆者: 奥山…続きを読む

福島原発事故で東電元会長ら3人の起訴を議決、検察審査会

福島原発事故で東電元会長ら3人の起訴を議決、検察審査会奥山 俊宏 (2015/07/31) 

 福島第一原発の事故で近くの双葉病院の入院患者らを避難の途中に死亡させたなどとして、東京第五検察審査会は7月17日…続きを読む

福島第一所員「命令されて命をかけたのではない」

福島第一所員「命令されて命をかけたのではない」奥山 俊宏 (2015/03/15) 

 福島第一原発(1F)事故の取材を始めて今月12日で満4年となり、5年目に入った。この間、地元出身のベテラン所員の…続きを読む

東電福島第一原発事故で勝俣元会長ら「起訴相当」検察審査会議決要旨全文

東電福島第一原発事故で勝俣元会長ら「起訴相当」検察審査会議決要旨全文奥山 俊宏 (2014/08/01) 

 福島第一原発の事故で周辺病院の入院患者らを避難の途中に死亡させたなどとして、東京電力の元役員6人が業務上過失致死…続きを読む

原発事故の際のテレビ会議公開の制度化を平時に

原発事故の際のテレビ会議公開の制度化を平時に奥山 俊宏 (2014/06/29) 

 原子力発電所で事故が発生した際に当事者や関係者たちの間で開かれるテレビ会議は、報道記者や報道機関にとって一刻も早…続きを読む

原発事故避難計画をめぐる泉田新潟県知事とヤツコ前NRC委員長の対談詳録

原発事故避難計画をめぐる泉田新潟県知事とヤツコ前NRC委員長の対談詳録 (2014/04/20) 

 東京電力柏崎刈羽原発のある新潟県の泉田裕彦知事が、東日本大震災発生時に米原子力規制委員会の委員長だったグレゴリー…続きを読む

検察審査会「政府の原災本部は必要な避難措置を講じていた」

検察審査会「政府の原災本部は必要な避難措置を講じていた」奥山 俊宏 (2014/04/16) 

 福島第一原発1号機の格納容器の圧力を下げるベントを早期に東京電力に命じず、建屋の爆発を招いたなどとして、菅直人首…続きを読む

原発を続ける資格:東電の原子力技術者トップ、姉川常務にインタビュー

原発を続ける資格:東電の原子力技術者トップ、姉川常務にインタビュー奥山 俊宏 (2014/04/14) 

 我々に原子力発電を続ける資格があるのだろうか――。東京電力常務で原子力技術者のトップ、姉川尚史さんはこの3年間、…続きを読む