メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「株主代表訴訟」の記事一覧

オリンパス元社長らに588億円支払い命令、東京地裁判決

オリンパス元社長らに588億円支払い命令、東京地裁判決奥山 俊宏 (2017/04/28) 

 オリンパスが1千億円を超える損失を隠して罰金7億円を科された事件をめぐって、同社と奈良県在住の同社株主が菊川剛・…続きを読む

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか

押収された取締役会議事録の閲覧許可を株主が申し立てたらどうなるか笠井 計志 (2015/03/30) 

取締役会議事録閲覧謄写における裁判所の許可の性質について    ~取締役会議事録が捜査機関に押収されている場合~ 弁護士 笠 井 計 志  第1 取締役会議事…続きを読む

シャルレMBO株主代表訴訟判決の大きな意義と問題点前川 拓郎 (2014/12/04) 

シャルレMBO株主代表訴訟の判決について 弁護士 前川 拓郎  平成26年10月16日、神戸地方裁判所第5民事部(伊良原恵吾裁判長)においてシャルレのMBO(…続きを読む

シャルレ代表訴訟、株主と元社長の双方が控訴 神戸地裁判決全文奥山 俊宏 (2014/11/11) 

 女性下着販売のシャルレ(神戸市)のMBO(経営者による自社の買収)が不成立となったことで会社が被った損害1億97…続きを読む

西松建設の違法献金、元役員6人に6億7千万円賠償命令 (2014/10/19) 

 西松建設(本社・東京)が国会議員らに違法献金した事件をめぐり、同社の株主が元取締役10人に約6億9千万円の損害賠…続きを読む

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及影山 秀樹 (2014/01/24) 

株主の権利弁護団の現在の活動(2)   弁護士 影山 秀樹  私が所属する「株主の権利弁護団」の最近の活動のうち、川崎重工官製談合など3つの事件への…続きを読む

株主代表訴訟提訴を前に 提訴請求と不提訴理由通知書の論点

株主代表訴訟提訴を前に 提訴請求と不提訴理由通知書の論点 (2013/07/06) 

代表訴訟提起前の手続の充実のために   弁護士 杉村元章  株式会社の株主が会社の役員等を相手取って代…続きを読む

多重株主代表訴訟を制度化する会社法改正への意見 (2013/05/27) 

「会社法制の見直しに関する要綱案」における多重株主代表訴訟について 弁護士 富 田 智 和 弁護士 岡 本 仁 志  第1 はじめに  平成23年12月、法務…続きを読む

シャルレ株主代表訴訟でMBO内部資料の提出命令を大阪高裁も維持加藤 昌利 (2012/12/30) 

シャルレ株主代表訴訟における文書提出命令抗告審決定   弁護士 加藤昌利  1 はじめに  当弁護団が…続きを読む

会社法改正、折衷案でまとまる 法制審部会「19年ぶりとなる規制強化」へ加藤 裕則 (2012/08/20) 

 法務省法制審議会の会社法制部会は2010年4月から計24回にわたって会議を重ねてきたが、8月1日、「会社法制の見…続きを読む

会社法制部会長・岩原東大教授「各界の強い反対ない改正目指した」

会社法制部会長・岩原東大教授「各界の強い反対ない改正目指した」加藤 裕則 (2012/08/20) 

 法務省法制審議会の会社法制部会が会社法の改正を盛り込んだ要綱案をまとめたことを受けて、部会長を務める岩原紳作・東…続きを読む

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える (2012/07/31) 

カルテルと役員の責任   弁護士 三浦高敬    第1 カルテルの法的規制について   独占…続きを読む

内部通報・リーニエンシー制度と株主代表訴訟加藤 昌利 (2012/07/03) 

内部通報制度・リーニエンシー制度と株主代表訴訟 弁護士 加藤昌利    1 はじめに  株主は、その株主権の行使…続きを読む

企業不祥事における第三者委員会と株主代表訴訟 (2012/05/02) 

企業不祥事における第三者委員会と株主代表訴訟 弁護士 由 良 尚 文  1 はじめに  2011年は、九州電力の…続きを読む

《詳報》 オリンパスに訴えられたオリンパス社長、請求に応じず

《詳報》 オリンパスに訴えられたオリンパス社長、請求に応じず奥山 俊宏 (2012/03/24) 

 企業買収をめぐって取締役としての注意義務に違反したとして、オリンパスが同社の高山修一社長らに損害賠償を求めて起こ…続きを読む

株主代表訴訟の和解、一般株主にも告知を

株主代表訴訟の和解、一般株主にも告知を (2011/05/05) 

株主代表訴訟における和解について 弁護士 杉村元章 第1 はじめに  和解は訴訟の終了原因の一つであり、株主代表…続きを読む

福岡魚市場の株主代表訴訟で旧経営陣に19億円賠償命令 福岡地裁判決 (2011/03/21) 

 水産物の卸売会社「福岡魚市場」(福岡市)が不正な取引をしていた子会社に多額の融資をして損害が生じたとして、元社長…続きを読む

談合企業の株主代表訴訟、株主推薦委員を含む外部委員会設置で和解

談合企業の株主代表訴訟、株主推薦委員を含む外部委員会設置で和解 (2010/08/31) 

談合を巡る株主代表訴訟における最近の和解の動向 株主推薦委員が入ったコンプライアンス委員会の設置モデル 弁護士 …続きを読む

民主党政権下での「公開会社法」検討、企業統治強化の方策は?

民主党政権下での「公開会社法」検討、企業統治強化の方策は?太田 洋 (2010/08/04) 

 民主党が制定を検討してきた「公開会社法」に経済界の関心が集まっている。制定されれば、日本の上場企業、そして資本市…続きを読む

重責の代償 金融機関元役員らの巨額賠償判決 今世紀に入って相次ぐ (2010/07/21) 

 金融機関の経営者としての注意義務に違反したなどとして、銀行や信用組合、住宅金融専門会社(住専)の元役員らに巨額の賠償責任を認める民事訴訟の判決は2000年以…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1