メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「海外腐敗行為防止法」の記事一覧

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか山田 将之 (2017/05/10) 

反贈賄デューデリジェンスの意義と実践 弁護士・NY州弁護士 山田 将之  日本企業が新興国で現地企業とビジネスを…続きを読む

トランプ政権と最近の裁判例で米司法省による米国外の贈賄摘発に重大影響?

トランプ政権と最近の裁判例で米司法省による米国外の贈賄摘発に重大影響?宮本 聡 (2017/02/15) 

 「米国第一」を唱え、オバマ政権時代の通商、移民政策などを見直すと公言してきたトランプ氏が米国大統領に就任。日本を…続きを読む

大統領就任式実行委員のカジノ会社に罰金 元中国政府公務員に使途不明の支払い

大統領就任式実行委員のカジノ会社に罰金 元中国政府公務員に使途不明の支払い奥山 俊宏 (2017/01/21) 

 ドナルド・トランプ米大統領の就任式典実行委員会で副委員長を務めるシェルドン・アデルソン氏が経営するカジノ経営会社…続きを読む

オリンパスが米司法省捜査で156億円の特別損失を追加奥山 俊宏 (2016/02/15) 

 大手精密機器メーカーのオリンパスは2月5日、米国での医療事業をめぐる医者への支払いなどについて米司法省の調査を受…続きを読む

オリンパス、中国取引の調査結果受領、しかし開示せず

オリンパス、中国取引の調査結果受領、しかし開示せず奥山 俊宏 (2015/11/15) 

 大手精密機器メーカーのオリンパスは、中国法人による現地での取引の企業倫理上の問題の有無について、外部の弁護士を中…続きを読む

オリンパス、海外腐敗行為の疑いで特損24億円、米司法省が捜査奥山 俊宏 (2015/08/13) 

 オリンパスは6日、同社製品の販売にからんでブラジルの医者に賄賂を贈ったとされる疑惑について、米国子会社とそのブラ…続きを読む

オリンパス、中国取引を社内調査4カ月超、米司法省に情報提供

オリンパス、中国取引を社内調査4カ月超、米司法省に情報提供奥山 俊宏 (2015/06/17) 

 大手精密機器メーカーのオリンパスの中国法人による現地での取引について、オリンパスの社内監査で企業倫理上の問題を指…続きを読む

英国の企業版「司法取引」本格導入で日本企業への影響は?

英国の企業版「司法取引」本格導入で日本企業への影響は?森本 大介 (2013/09/04) 

 英国が、米国流の企業版「司法取引」を本格導入する。詐欺や贈賄の罪を犯した企業が検察官に対して違法行為を認め、制裁…続きを読む

世界有数のカジノ会社ウィン・リゾーツの創業者2人の蜜月から決別

世界有数のカジノ会社ウィン・リゾーツの創業者2人の蜜月から決別奥山 俊宏 (2013/03/22) 

 米ネバダ州ラスベガスと中国マカオで5千億円近くを売り上げる世界有数のカジノ運営会社ウィン・リゾーツの経営陣から、…続きを読む

米政府が海外腐敗行為防止法(FCPA)ガイドラインを公表山田 裕樹子 (2012/12/12) 

 外国公務員に賄賂を渡すことを禁じた米国の海外腐敗行為防止法が、日本企業など外国企業に対しても幅広に適用される可能…続きを読む

他人事でない米・英の外国公務員贈賄防止罪のリスク

他人事でない米・英の外国公務員贈賄防止罪のリスク森本 大介 (2011/11/02) 

 今年7月に施行された2010年英国贈賄防止法が、米国の海外腐敗行為防止法(FCPA)と並び日本企業にとって脅威に…続きを読む

日本企業も要注意のFCPA 米司法省が摘発強化

日本企業も要注意のFCPA 米司法省が摘発強化山田 裕樹子 (2010/10/27) 

 外国公務員への贈賄行為に対する米当局の取り締まりが近年、厳しくなってきている。1970年代、日本の総理大臣ら米国…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1