メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「滝沢隆一郎」の記事一覧

『秘密解除 ロッキード事件』、あまりに興味深い米国側の見方

『秘密解除 ロッキード事件』、あまりに興味深い米国側の見方滝沢 隆一郎 (2016/08/05) 

『秘密解除 ロッキード事件  ―― 田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか ――』  2016年7月22日発売  著者:奥山俊宏  岩波書店  「角栄本」がブー…続きを読む

連載小説9回裏:最終試合の結末、企業トップの態度

連載小説9回裏:最終試合の結末、企業トップの態度滝沢 隆一郎 (2014/03/25) 

     3  1人残された室内で、中島はテレビをつけ試合経過を確認した。ベイライツは3対4と追い上げている。固さ…続きを読む

連載小説9回表:飛ぶボール疑惑の真相

連載小説9回表:飛ぶボール疑惑の真相滝沢 隆一郎 (2014/03/18) 

     1  10月8日、晴れ。  首位東京ジーニアス、143試合、74勝59敗10分、勝率5割5分6厘。  2…続きを読む

連載小説8回裏:ゲームの世界の架空通貨と景品表示法

連載小説8回裏:ゲームの世界の架空通貨と景品表示法滝沢 隆一郎 (2014/03/11) 

     3  東京本社に戻った日、中島は植田オーナーの秘書にアポイントを求めた。すぐに植田の方も急用があるからと…続きを読む

連載小説8回表:コンビニ本部直営の最新大型店で

連載小説8回表:コンビニ本部直営の最新大型店で滝沢 隆一郎 (2014/03/04) 

    1  「ベイライツ、調子を取り戻しましたね」  「そうだといいですわ。でもうまくつづくかしら」  「あまり…続きを読む

連載小説7回裏:「ぼくは口が堅いのだけが取り柄なんだ」

連載小説7回裏:「ぼくは口が堅いのだけが取り柄なんだ」滝沢 隆一郎 (2014/02/25) 

    3  2日後の江口は最高だった。中島はバックネット下、1塁ベンチ脇の半地下にある球団関係者席、通称金魚鉢を出て、1塁側内野スタンドで観戦した。露骨に嫌…続きを読む

連載小説7回表:エース投手との対話、白球の衝撃

連載小説7回表:エース投手との対話、白球の衝撃滝沢 隆一郎 (2014/02/18) 

    1  世界は破滅に向かっている。  巨大地震、人智を超える津波の破壊力、制御不能の原発事故、空気と大地と海洋にまき散らされた永久的な放射能汚染。地球温…続きを読む

連載小説6回裏:調査委員会の結論の方向性は

連載小説6回裏:調査委員会の結論の方向性は滝沢 隆一郎 (2014/02/11) 

    3  「おい、中島、生意気な連中だったな」  専用車に戻ると、植田はそう言って相好を崩した。  「そうですね。うちが球団を売却して、当然買えるものと決…続きを読む

連載小説6回表:若きIT長者の提案と恫喝

連載小説6回表:若きIT長者の提案と恫喝滝沢 隆一郎 (2014/02/04) 

    1  「ファンと乱闘する球団職員と書かれたとは愉快だな」  「申し訳ございません」  「まあ、笑ってばかりもおられんな」  にこやかに笑っていた植田力…続きを読む

連載小説5回裏:プレスリリースに記者から苦情

連載小説5回裏:プレスリリースに記者から苦情滝沢 隆一郎 (2014/01/28) 

    3  中島がスポライ本社に戻ると、1階入口のロビーが騒々しい。近づいてみると、4、5人の男たちに囲まれて、短躯の久松優球団社長が何やら興奮気味に応答し…続きを読む

(3) 子どもの進学塾変更にご用心滝沢 隆一郎 (2010/09/20) 

  (ある父親から聞いた話)  長い間、夏の暑さがつづいた。家の近所の公園に行っても、人影はまばらだ。ふた昔前のよ…続きを読む

(2) 営業秘密と男性用かつら顧客名簿事件滝沢 隆一郎 (2010/08/07) 

  前回 は、転職したサラリーマンが競業避止誓約書に基づいて、元の会社から通知を受けたケースに関し、フォセコジャパ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1