メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「犯人隠避」の記事一覧

検察官の官僚化が招いた大阪地検の不祥事 《五十嵐紀男・元東京地検特捜部長》

検察官の官僚化が招いた大阪地検の不祥事 《五十嵐紀男・元東京地検特捜部長》村山 治 (2011/02/15) 

 大阪地検特捜部が手がけた郵便不正事件とその後に発覚した証拠改ざん・犯人隠避事件の背景には、「検察官の官僚化と実力…続きを読む

「俺の手は真っ黒だ」と言って特捜検事は辞めた 検察・灰色の土壌

「俺の手は真っ黒だ」と言って特捜検事は辞めた 検察・灰色の土壌村山 治 (2010/12/21) 

 大阪地検特捜部の主任検事が、村木厚子元厚労省局長の虚偽有印公文書作成・行使事件(無罪確定)の捜査中に押収証拠を改…続きを読む

大阪地検前特捜部長らの起訴内容 (2010/10/22) 

 検察当局は10月21日、大阪地方裁判所に対し、下記被告人を犯人隠避の事実で公判請求した。  1 被告人 (1) 大坪弘道(元大阪高検検事、元大阪地検特捜部長…続きを読む

犯人隠避に問われた捜査幹部 いま、弁護士として自身の経験を講演

犯人隠避に問われた捜査幹部 いま、弁護士として自身の経験を講演奥山 俊宏 (2010/10/20) 

 捜査機関幹部の立場にありながら犯人隠避の容疑で検事の取り調べを受けた――。そんな「強烈な失敗談」に、聞き手は引き…続きを読む

検察史上最悪の不祥事 厚労省虚偽公文書事件の経緯 (2010/10/11) 

 自称福祉事業支援組織「凜の会」に郵便割引制度の適用を受けさせるため厚生労働省の障害保険福祉部企画課長名義で虚偽の公文書が作成された事件はこの秋、検察組織を根…続きを読む

《石川達紘弁護士》 若手検事の告発が救い 検事総長以下幹部は辞職を 検事は職人精神に戻れ

《石川達紘弁護士》 若手検事の告発が救い 検事総長以下幹部は辞職を 検事は職人精神に戻れ村山 治 (2010/10/06) 

 大阪地検特捜部が郵便不正事件で押収した証拠品のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとされる事件で、最高…続きを読む

果て(中) 特捜部の病理と体質 見立て固執 冤罪の危険

果て(中) 特捜部の病理と体質 見立て固執 冤罪の危険 (2010/10/04) 

 大阪地検特捜部前部長の大坪弘道容疑者(57)と前副部長の佐賀元明容疑者(49)の逮捕から一夜明けた2日午前、2人…続きを読む

果て(上) 「割り屋」の後輩重用 隠蔽指示あったのか

果て(上) 「割り屋」の後輩重用 隠蔽指示あったのか (2010/10/03) 

 「最強の捜査機関」と呼ばれてきた地検特捜部。そのエースに続き、元トップと元ナンバー2が逮捕された。エリート組織の…続きを読む

《時時刻刻》最高検、「徹底抗戦には徹底捜査で」 (2010/10/02) 

 「進むも地獄、引くも地獄」(検察幹部)――。大阪地検特捜部の前田恒彦検事と、同部前部長らの主張が真っ向から対立す…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1