メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「独占禁止法」の記事一覧

不正調査・リスク管理における人工知能(AI)・機械学習の活用

不正調査・リスク管理における人工知能(AI)・機械学習の活用沼田 知之 (2020/01/15) 

不正調査・リスク管理におけるAI・機械学習の活用 - 法的分析による仮説・検証アプローチ 西村あさひ法律事務所 弁…続きを読む

公取委員長インタビュー「格差拡大の是正に競争政策も貢献できる」

公取委員長インタビュー「格差拡大の是正に競争政策も貢献できる」村山 治 (2019/11/26) 

 インターネット上で展開されるサービスの基盤(プラットフォーム)となるようなシステムを消費者に提供するグーグル、ア…続きを読む

公取委員長の語るGAFAなどプラットフォーマーによるデータ寡占と競争政策

公取委員長の語るGAFAなどプラットフォーマーによるデータ寡占と競争政策村山 治 (2019/11/24) 

 インターネット上で展開されるサービスの基盤(プラットフォーム)となるようなシステムを消費者に提供するグーグル、ア…続きを読む

国境を越える社内調査で「秘匿特権」に気をつけるべきこと

国境を越える社内調査で「秘匿特権」に気をつけるべきこと勝部 純 (2019/08/15) 

クロスボーダーの要素を含む社内調査と秘匿特権(プリビレッジ)の留意点   西村あさひ法律事務所 弁護士…続きを読む

ジョコウィ大統領再選後のインドネシアで法的インフラ整備は?

ジョコウィ大統領再選後のインドネシアで法的インフラ整備は?吉本 祐介 (2019/06/19) 

インドネシア大統領選挙後の展望 西村あさひ法律事務所 弁護士・NY州弁護士 吉本 祐介  ■ はじめに  2019…続きを読む

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性川合 弘造 (2018/04/02) 

地方銀行の統合と企業結合審査   西村あさひ法律事務所 弁護士 川合 弘造 弁護士 堀 美穂子 1. は…続きを読む

「危機管理法大全」 企業不祥事対応実務の論点を網羅

「危機管理法大全」 企業不祥事対応実務の論点を網羅 (2016/05/30) 

『危機管理法大全』  2016年3月1日発行  監修者:木目田裕  編 者:西村あさひ法律事務所・危機管理グループ  発 行:㈱商事法務  定 価:9,000…続きを読む

知的財産権にひそむ想定外の独占禁止法リスク

知的財産権にひそむ想定外の独占禁止法リスク山田 浩史 (2016/03/30) 

 独占につながる行為を規制する独占禁止法と発明者に独占を認める特許法。一見矛盾するかに見える2つの経済法を、整合的…続きを読む

M&Aにおける独占禁止法リスクへの契約上の対処法

M&Aにおける独占禁止法リスクへの契約上の対処法山田 浩史 (2016/02/03) 

 ここ数年、競争法(独占禁止法)当局の「競争制限抵触」などを理由とした反対でM&Aが破談になるケースが散見…続きを読む

独禁法の「私的独占」に抵触しないための「正当化事由」

独禁法の「私的独占」に抵触しないための「正当化事由」山田 浩史 (2015/12/25) 

 市場で高いシェアを持つ有力企業が、他の事業者の事業活動を排除して市場における競争を制限した疑いで、国内外の独占禁…続きを読む

日本版「司法取引」で海外当局、集団訴訟は? その証拠拡散リスク

日本版「司法取引」で海外当局、集団訴訟は? その証拠拡散リスク荒井 喜美 (2015/06/10) 

 国際カルテルや外国公務員に対する贈賄など企業犯罪に対する海外当局の制裁強化が目立つ。そうした中、日本でも企業犯罪…続きを読む

欧米、企業犯罪摘発の法制度を強化、その最新動向

欧米、企業犯罪摘発の法制度を強化、その最新動向荒井 喜美 (2015/05/27) 

 国際カルテルや外国公務員に対する贈賄など企業犯罪に対する海外当局の制裁強化が目立つ。そうした中、日本でも企業犯罪…続きを読む

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞村山 治 (2015/04/15) 

 前公正取引委員会委員長の竹島一彦さん(72)が15日(米東部時間で14日夜)、ワシントンD.C.のホテルで、イギ…続きを読む

司法取引の材料として拡張されてきた米国の共謀罪の威力

司法取引の材料として拡張されてきた米国の共謀罪の威力荒井 喜美 (2014/05/28) 

 犯罪行為をしようと話し合うだけで、実行しなくても罪に問われる共謀罪。日本政府は2000年に国際条約に加入したのを…続きを読む

米司法省のトヨタ摘発でも使われた「郵便・通信詐欺」とは何か

米司法省のトヨタ摘発でも使われた「郵便・通信詐欺」とは何か荒井 喜美 (2014/05/14) 

 米国の連邦犯罪である「Mail & Wire Fraud(郵便・通信詐欺)」と「Conspiracy(共…続きを読む

最恵国待遇は競争にどのような影響をもたらすのか

最恵国待遇は競争にどのような影響をもたらすのか中野 清登 (2014/04/30) 

 電子書籍の価格決定をめぐりアップルと出版社が欧米の競争当局の調査を受けたことは記憶に新しい。そこで問題になったの…続きを読む

「業務提携」にあたっての独占禁止法上の留意点

「業務提携」にあたっての独占禁止法上の留意点沼田 知之 (2014/04/16) 

 企業結合や業務提携について、顧客や競争相手から独占禁止法に違反するのではないかといった指摘を受けて公正取引委員会…続きを読む

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及

川崎重工官製談合、第一生命、NTNの事件を追及影山 秀樹 (2014/01/24) 

株主の権利弁護団の現在の活動(2)   弁護士 影山 秀樹  私が所属する「株主の権利弁護団」の最近の活動のうち、川崎重工官製談合など3つの事件への…続きを読む

消費増税の転嫁拒否は特措法違反か 「消費税還元セール」は?

消費増税の転嫁拒否は特措法違反か 「消費税還元セール」は?中島 和穂 (2013/12/11) 

 大規模小売業者による消費増税分の価格転嫁を促す一方、納入業者らへの税負担押しつけを回避する特別措置法が10月から…続きを読む

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える (2012/07/31) 

カルテルと役員の責任   弁護士 三浦高敬    第1 カルテルの法的規制について   独占…続きを読む