メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「競争法」の記事一覧

ブレグジットとラグビーから垣間見る「イギリス」

ブレグジットとラグビーから垣間見る「イギリス」金子 涼一 (2019/12/09) 

ブレグジットとラグビーから垣間見る「イギリス」  ~ 英国事務所出向を振り返って   アンダーソン・毛利・友常法律事務所 金子 涼一  熱狂の44日…続きを読む

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性

公取委による地方銀行経営統合の独禁法審査の実態と特別法の必要性川合 弘造 (2018/04/02) 

地方銀行の統合と企業結合審査   西村あさひ法律事務所 弁護士 川合 弘造 弁護士 堀 美穂子 1. は…続きを読む

日本で競争法を助言するギリシャ人弁護士

日本で競争法を助言するギリシャ人弁護士Vassili Moussis (2015/07/13) 

思いがけない結びつき-日本で働くギリシャ人弁護士 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 外国法事務弁護士 バシリ・ムシス  ベルギーのブリュッセルで育った私は、…続きを読む

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞

前公取委委員長・竹島氏にグローバル競争レビューの賞村山 治 (2015/04/15) 

 前公正取引委員会委員長の竹島一彦さん(72)が15日(米東部時間で14日夜)、ワシントンD.C.のホテルで、イギ…続きを読む

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える

カルテルと企業役員の責任 三菱商事株主代表訴訟判決に考える (2012/07/31) 

カルテルと役員の責任   弁護士 三浦高敬    第1 カルテルの法的規制について   独占…続きを読む

米国独禁法の域外適用は拡大するのか、米国の議論を読み解く

米国独禁法の域外適用は拡大するのか、米国の議論を読み解く (2012/03/21) 

 米国の独占禁止法で摘発された場合の制裁の重さが日本など外国企業にとって大きな脅威となっている中、米司法省などが、…続きを読む

国際M&Aの成否を左右する企業結合審査川合 弘造 (2011/12/07) 

 グローバルなM&A(企業の合併・買収)が日常茶飯事の時代。世界各国の競争法当局による企業結合審査がM…続きを読む

「工業会」が特許を背景に販売を制限か 加盟社で独占はかる? 公取委が警告へ

「工業会」が特許を背景に販売を制限か 加盟社で独占はかる? 公取委が警告へ (2010/12/26) 

 群馬県の技術基準の適用を受けたバリアフリー化のための側溝を、製造・販売する業者の事業協同組合「群馬県GBX工業会…続きを読む

同業者間の情報交換、どこまで許されるのか?

同業者間の情報交換、どこまで許されるのか? (2010/12/08) 

 同じ業界に属する企業の社員がテーブルを囲んだとき、口にしてはならないことがある。特に欧米で活躍する企業では注意が…続きを読む

グーグル・ヤフー提携 公取委、苦渋の決断 残る懸念、海外では監視も (2010/12/03) 

 米グーグルと日本のヤフーの提携について、公正取引委員会が2日、改めて「独占禁止法上、問題ない」との判断を下した。…続きを読む

日立造船が解決金5億円を日立市に支払いへ ごみ処理施設建設入札 (2010/11/27) 

 日立市が1997年に実施した新ごみ処理施設建設工事の入札で談合があったとされる問題で、市は11月25日、施設の焼…続きを読む

ヤフー・グーグル提携、くすぶる懸念

ヤフー・グーグル提携、くすぶる懸念 (2010/11/27) 

 ネット検索で世界最大手の米グーグルと国内最大手の日本のヤフーの提携をめぐり、懸念がくすぶっている。公正取引委員会…続きを読む

中国競争法と民族ブランド保護・産業政策との相克

中国競争法と民族ブランド保護・産業政策との相克 (2010/08/25) 

 日本の独占禁止法にあたる中国の競争法が施行されて2年が過ぎようとしている。競争を促進するという建前はあるものの、…続きを読む

海外5当局が同時調査 車の配線、日本企業カルテル容疑

海外5当局が同時調査 車の配線、日本企業カルテル容疑 (2010/08/24) 

 ワイヤハーネスと呼ばれる自動車の配線をめぐり国内の大手各社がカルテルの疑いを持たれている問題で、日本の公正取引委…続きを読む

電線業界でカルテル自主申告が連鎖 国内外で昨年から (2010/08/24) 

 日本の電線業界で昨年から、業界の談合・カルテルを自主的に当局に申告した業者への処分を減免するリーニエンシー制度の…続きを読む

(下) 「独禁法後進国」と呼ばせないために

(下) 「独禁法後進国」と呼ばせないために (2010/08/21) 

  ■課徴金と刑事罰との関係  憲法39条は、同一行為に対して二重に刑事罰を科すことを禁止している。刑罰といわず…続きを読む

(中) 独禁法、米国の圧力と国内産業政策の妥協の歴史

(中) 独禁法、米国の圧力と国内産業政策の妥協の歴史 (2010/08/19) 

  ■占領軍の圧力との拮抗の中で独禁法は成立した  独占禁止法は、新憲法施行直前の昭和22年3月31日に成立した…続きを読む

(上) 最近の独禁法違反事件の特徴と独禁法遵守への企業の姿勢の変化

(上) 最近の独禁法違反事件の特徴と独禁法遵守への企業の姿勢の変化 (2010/08/17) 

 日本の独占禁止法は、どのような要請に基づいて生まれ、育ち、いま、どの方向への途上にあるのか。住友化学の法務部長や…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1