メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「証拠隠滅」の記事一覧

郷原氏の語る九電・眞部社長との対立の原点と古川知事との接触の真相

郷原氏の語る九電・眞部社長との対立の原点と古川知事との接触の真相郷原 信郎 (2011/12/09) 

 九州電力玄海原発(佐賀県)の運転再開をめぐる九電の「やらせメール」問題が迷走している。九電経営陣は、自らが委託した社外有識者による第三者委員会の「古川康佐賀…続きを読む

検察官の官僚化が招いた大阪地検の不祥事 《五十嵐紀男・元東京地検特捜部長》

検察官の官僚化が招いた大阪地検の不祥事 《五十嵐紀男・元東京地検特捜部長》村山 治 (2011/02/15) 

 大阪地検特捜部が手がけた郵便不正事件とその後に発覚した証拠改ざん・犯人隠避事件の背景には、「検察官の官僚化と実力…続きを読む

笠間新検事総長インタビュー「特捜部にいたがゆえにその欠陥も承知」

笠間新検事総長インタビュー「特捜部にいたがゆえにその欠陥も承知」村山 治 (2011/01/01) 

 戦後第26代の検事総長に笠間治雄・前東京高検検事長が就任した。大阪地検の証拠隠滅などの事件で引責辞任した大林宏前…続きを読む

「俺の手は真っ黒だ」と言って特捜検事は辞めた 検察・灰色の土壌

「俺の手は真っ黒だ」と言って特捜検事は辞めた 検察・灰色の土壌村山 治 (2010/12/21) 

 大阪地検特捜部の主任検事が、村木厚子元厚労省局長の虚偽有印公文書作成・行使事件(無罪確定)の捜査中に押収証拠を改…続きを読む

犯人隠避に問われた捜査幹部 いま、弁護士として自身の経験を講演

犯人隠避に問われた捜査幹部 いま、弁護士として自身の経験を講演奥山 俊宏 (2010/10/20) 

 捜査機関幹部の立場にありながら犯人隠避の容疑で検事の取り調べを受けた――。そんな「強烈な失敗談」に、聞き手は引き…続きを読む

前田恒彦・前大阪地検検事の起訴内容 (2010/10/11) 

 前田恒彦・前大阪地検検事(43)の起訴内容は次の通り。  被告人は、大阪地方検察庁検事として、検察官の職務に従事…続きを読む

検察史上最悪の不祥事 厚労省虚偽公文書事件の経緯 (2010/10/11) 

 自称福祉事業支援組織「凜の会」に郵便割引制度の適用を受けさせるため厚生労働省の障害保険福祉部企画課長名義で虚偽の公文書が作成された事件はこの秋、検察組織を根…続きを読む

《石川達紘弁護士》 若手検事の告発が救い 検事総長以下幹部は辞職を 検事は職人精神に戻れ

《石川達紘弁護士》 若手検事の告発が救い 検事総長以下幹部は辞職を 検事は職人精神に戻れ村山 治 (2010/10/06) 

 大阪地検特捜部が郵便不正事件で押収した証拠品のフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとされる事件で、最高…続きを読む

果て(中) 特捜部の病理と体質 見立て固執 冤罪の危険

果て(中) 特捜部の病理と体質 見立て固執 冤罪の危険 (2010/10/04) 

 大阪地検特捜部前部長の大坪弘道容疑者(57)と前副部長の佐賀元明容疑者(49)の逮捕から一夜明けた2日午前、2人…続きを読む

果て(上) 「割り屋」の後輩重用 隠蔽指示あったのか

果て(上) 「割り屋」の後輩重用 隠蔽指示あったのか (2010/10/03) 

 「最強の捜査機関」と呼ばれてきた地検特捜部。そのエースに続き、元トップと元ナンバー2が逮捕された。エリート組織の…続きを読む

当局の事情聴取に会社は何もしてはいけないのか

当局の事情聴取に会社は何もしてはいけないのか梅林 啓 (2010/07/21) 

 企業や官庁などの組織が当局の捜査や調査の対象になったとき、その組織は何をやっていいのか、何をやったらまずいのか。…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1