メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「金融」の記事一覧

デリバティブ取引による損失をめぐる債権放棄と損失補填柴原 多 (2013/02/20) 

 銀行の勧めで銀行と為替がらみのデリバティブ取引を行った中小企業が、リーマン・ショック以来の円高で損失を抱え、銀行…続きを読む

中小企業向け為替デリバティブ取引契約の法的問題

中小企業向け為替デリバティブ取引契約の法的問題 (2011/11/15) 

中小企業向け為替デリバティブ取引契約の法的問題  弁護士   天  野   聡    1 はじめに  …続きを読む

会計士協会が是正求める 会社法に欠陥、非上場の大会社に監査回避の実態加藤 裕則 (2011/03/18) 

 銀行は融資先の非上場の大会社が監査をきちんと受けているか見逃さないでほしい――。公認会計士らでつくる日本公認会計…続きを読む

店頭デリバティブ取引で利用を義務づけられる「清算機関」

店頭デリバティブ取引で利用を義務づけられる「清算機関」仲田 信平 (2011/02/23) 

 債権の焦げ付きに備えるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)など金融派生商品(デリバティブ)の監視を強化する…続きを読む

新たな金融ADR制度がスタート、金融商品の紛争を裁判外で解決

新たな金融ADR制度がスタート、金融商品の紛争を裁判外で解決 (2011/01/12) 

 裁判に頼らない紛争解決制度(ADR)の新たな枠組みが金融分野に導入され、昨年10月、スタートした。利用者の高齢化…続きを読む

冷戦終結と非対称戦争 金融インテリジェンスの復活

冷戦終結と非対称戦争 金融インテリジェンスの復活 (2011/01/06) 

 ある局面ではアルカイダを相手に、別の局面では北朝鮮を相手に、米国を中心とする国際社会は今、見えない戦いを挑んでい…続きを読む

木村剛を通して見る日本経済の実像この10年

木村剛を通して見る日本経済の実像この10年 (2010/12/06) 

日銀エリートの「挫折と転落」   木村剛「天、我に味方せず」     著者:有森隆     発行:講談社、2010年11月     評者:滝沢隆一郎 …続きを読む

米国の新たな金融規制ドッド=フランク法の日本への影響は?

米国の新たな金融規制ドッド=フランク法の日本への影響は?松尾 直彦 (2010/12/01) 

 新たに導入された米国の金融規制が始動しようとしている。上下両院の法案を一本化するのに功労のあった上院銀行委員長の…続きを読む

金融機関における内部監査:リスクベースの内部監査への進展と課題 (2010/11/24) 

 ■1. 金融検査と内部監査  本連載の 第4回目 では、監査法人による外部監査が機能する前提としても、内部監査の実効性が重要であることに触れた。このことは監…続きを読む

振興銀監視 体制ひ弱 金融庁検査3度

振興銀監視 体制ひ弱 金融庁検査3度織田 一 (2010/10/16) 

 中小企業向け融資を専門にしていた日本振興銀行が経営破綻し、初のペイオフが発動されて1カ月が過ぎ、預金者への払い戻…続きを読む

(8) 金融検査で得られる情報や分析結果の複線的・レバレッジ活用 (2010/09/14) 

 ■検査基本方針の公表と市場規律  去る 8月27日に金融庁から公表された検査基本方針 は、1998年に金融監督庁(当時)が発足して以来、毎年、金融検査に関す…続きを読む

振興銀転落の軌跡 開業6年で破綻 金融行政の課題は?

振興銀転落の軌跡 開業6年で破綻 金融行政の課題は? (2010/09/11) 

 中小企業向けの融資が専門という新しいタイプの銀行として金融界に参入した日本振興銀行が、開業から6年で経営破綻に追…続きを読む

ついにペイオフ現実に、緊迫の日本振興銀行

ついにペイオフ現実に、緊迫の日本振興銀行 (2010/09/11) 

 日本振興銀行が経営破綻し、国内初のペイオフが発動された。これまでの銀行破綻では預金は原則全額戻るよう保護してきた…続きを読む

《詳録》 前金融庁長官・佐藤隆文氏インタビュー 「米国と同じ金融新規制、日本導入とんでもない」

《詳録》 前金融庁長官・佐藤隆文氏インタビュー 「米国と同じ金融新規制、日本導入とんでもない」織田 一 (2010/07/24) 

 米国で金融機関に対する規制を大幅に強化する法律が21日、成立した。主要国の銀行監督当局も年内に、銀行に質の高い資…続きを読む

重責の代償 金融機関元役員らの巨額賠償判決 今世紀に入って相次ぐ (2010/07/21) 

 金融機関の経営者としての注意義務に違反したなどとして、銀行や信用組合、住宅金融専門会社(住専)の元役員らに巨額の賠償責任を認める民事訴訟の判決は2000年以…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1