メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「防衛省」の記事一覧

内部資料の持ち出しの免責を検討 公益通報者保護法改正で消費者庁

内部資料の持ち出しの免責を検討 公益通報者保護法改正で消費者庁奥山 俊宏 (2017/01/12) 

 公益通報に必要な内部文書を職場から外部に持ち出す行為について、解雇などの不利益扱いから保護し、民事上の免責を認め…続きを読む

空からの放射能汚染把握、実施できず 福島第一原発事故発生当初

空からの放射能汚染把握、実施できず 福島第一原発事故発生当初奥山 俊宏 (2012/02/25) 

 東京電力福島第一原子力発電所で放射性物質の大量放出が始まった昨年3月12日、放射能の拡散を空からすばやく把握する…続きを読む

防衛省職員があたご航海長聴取メモを廃棄 情報公開請求受けた直後に 「個人的な走り書きだから」奥山 俊宏 (2011/01/08) 

 2008年2月に房総半島沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船が衝突した事故で、防衛相があたごの航海長から事…続きを読む

(5) 「日本も通報者にメリットを」との意見も 内部告発者への報奨金

(5) 「日本も通報者にメリットを」との意見も 内部告発者への報奨金奥山 俊宏 (2010/09/13) 

 内部告発者に報奨金を与える米国の不正請求防止法について、麗沢大学の高巌(たかいわお)教授(企業倫理)は「日本でも…続きを読む

電池メーカーに3億円返還命令 旧防衛庁談合訴訟判決 東京地裁 (2010/07/21) 

 防衛庁(現防衛省)が発注した通信機器用電池の入札で談合により受注業者を決めていたとして、国が、契約した電池メーカー3社に約7億円の返還を求めた訴訟で、東京地…続きを読む

会計検査院の懲戒要求に防衛省応じず 元局長2人注意処分のまま 検査院は「遺憾」 (2010/07/21) 

 米軍普天間飛行場の代替施設建設で適切な予算措置を取らなかったのは重過失行為に当たるとして、当時の那覇防衛施設局(現・沖縄防衛局)の局長2人を懲戒処分にするよ…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1