メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「震災関連死」の記事一覧

東日本大震災の関連死を認めた2014年12月の仙台地裁判決2件 (2015/01/22) 

 東日本大震災の関連死を認め、災害弔慰金不支給決定の処分を取り消した2014年12月の仙台地裁判決を掲載した裁判所…続きを読む

ガス漏れ警報が鳴ったのに、繰り返された死亡事故

ガス漏れ警報が鳴ったのに、繰り返された死亡事故 (2015/01/18) 

 震災発生から間もなく鳴り始めたガス漏れ警報の原因を突き止めることができず、警報器の電源を切ったところ、十数時間後、ガスで死亡事故が発生した――、そんな事態が…続きを読む

阪神大震災の判例が今、盛岡地裁で「距離も時間も遠いけど、共通の問題」

阪神大震災の判例が今、盛岡地裁で「距離も時間も遠いけど、共通の問題」 (2015/01/17) 

 震災関連死の認定に関する唯一の判例は、阪神大震災発生の75分後に兵庫県芦屋市の病院で亡くなった男性(享年75歳)の妻が起こした訴訟でつくられた。そして今、そ…続きを読む

震災関連死「行政の判断を尊重せず、司法の判断を」と元最高裁判事

震災関連死「行政の判断を尊重せず、司法の判断を」と元最高裁判事奥山 俊宏 (2015/01/17) 

 阪神大震災による停電で人工呼吸器などが止まって死亡した兵庫県芦屋市の男性(当時75)の妻が、災害弔慰金を不支給とした市を相手にこの決定を取り消すよう求めた行…続きを読む

阪神大震災の判例を支えに盛岡地裁で関連死の認定求める

阪神大震災の判例を支えに盛岡地裁で関連死の認定求める (2015/01/16) 

 2014年10月31日午後、盛岡地方裁判所301号法廷の証言台の前に女性(49)は座っていた。  「いろいろ考えていくうちに、私だけじゃないな、って思いまし…続きを読む

阪神大震災6433人目の死者 最高裁決定で

阪神大震災6433人目の死者 最高裁決定で奥山 俊宏 (2014/01/17) 

 1995年1月17日に発生した阪神大震災で最後の一人が「震災関連死」と認定されたのは地震発生から8年近くが過ぎた…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1