メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「FCPA」の記事一覧

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか

取引先・買収相手の贈賄リスクをどこまでどう調べるべきか山田 将之 (2017/05/10) 

反贈賄デューデリジェンスの意義と実践 弁護士・NY州弁護士 山田 将之  日本企業が新興国で現地企業とビジネスを…続きを読む

トランプ政権と最近の裁判例で米司法省による米国外の贈賄摘発に重大影響?

トランプ政権と最近の裁判例で米司法省による米国外の贈賄摘発に重大影響?宮本 聡 (2017/02/15) 

 「米国第一」を唱え、オバマ政権時代の通商、移民政策などを見直すと公言してきたトランプ氏が米国大統領に就任。日本を…続きを読む

日米における内部通報・内部告発の奨励・保護制度

日米における内部通報・内部告発の奨励・保護制度山田 将之 (2014/07/09) 

 企業が早期に社内の不正を発見し自浄作用を発揮するよう促す内部通報制度。その内部通報を保護することを目的とした公益…続きを読む

司法取引の材料として拡張されてきた米国の共謀罪の威力

司法取引の材料として拡張されてきた米国の共謀罪の威力荒井 喜美 (2014/05/28) 

 犯罪行為をしようと話し合うだけで、実行しなくても罪に問われる共謀罪。日本政府は2000年に国際条約に加入したのを…続きを読む

米司法省のトヨタ摘発でも使われた「郵便・通信詐欺」とは何か

米司法省のトヨタ摘発でも使われた「郵便・通信詐欺」とは何か荒井 喜美 (2014/05/14) 

 米国の連邦犯罪である「Mail & Wire Fraud(郵便・通信詐欺)」と「Conspiracy(共…続きを読む

  • 新しい記事
  • 1