メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検索

「公益通報」の検索結果 101件中1~20件表示

内部通報担当者に守秘義務 自民党が公益通報者保護法改正を提言

内部通報担当者に守秘義務 自民党が公益通報者保護法改正を提言 (2020/02/06) 

内部通報担当者に守秘義務 自民党が公益通報者保護法改正を提言…続きを読む

自民党「公益通報者保護制度に関するPT」がとりまとめた提言

自民党「公益通報者保護制度に関するPT」がとりまとめた提言 (2020/02/04) 

自民党「公益通報者保護制度に関するPT」がとりまとめた提言…続きを読む

自民党PTが公益通報者保護法改正の検討結果とりまとめへ

自民党PTが公益通報者保護法改正の検討結果とりまとめへ (2020/01/18) 

自民党PTが公益通報者保護法改正の検討結果とりまとめへ…続きを読む

先進医療制度逸脱で金沢大病院が2億6千万円を健保に返還

先進医療制度逸脱で金沢大病院が2億6千万円を健保に返還 (2020/01/10) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の第2部では、患者の人権軽視が問題になった具体的な事例を検証する。その第3弾として取り上げるのは、金沢大学病院で行われた臨床試験が厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」に違反して…続きを読む

金沢大学の研究者、倫理審査委の審査なしで臨床試験の実施計画を変更

金沢大学の研究者、倫理審査委の審査なしで臨床試験の実施計画を変更 (2019/12/23) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の第2部では、患者の人権軽視が問題になった具体的な事例を検証する。その第3弾として取り上げるのは、金沢大学病院で行われた臨床試験が厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」に違反して…続きを読む

規制改革派の圧力に抗しきれず、未承認・適応外の薬の臨床試験も先進医療に

規制改革派の圧力に抗しきれず、未承認・適応外の薬の臨床試験も先進医療に (2019/12/16) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

金沢大学で起きた厚労省「臨床研究倫理指針」違反の抗がん剤療法の背景

金沢大学で起きた厚労省「臨床研究倫理指針」違反の抗がん剤療法の背景 (2019/12/06) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

大学のハラスメント調査委が「研究至上主義による患者軽視」を指摘

大学のハラスメント調査委が「研究至上主義による患者軽視」を指摘 (2019/05/27) 

 その月の1日、つまり、2006年4月1日に公益通報者保護法が施行されたばかりだったということもあり、奥山記者は、内部告発者保護のあり方を考えるのに役立つ具体例の一つととらえていた。  4月17日の取材では、井上教授は公益通報者保護法について次のように述べた。  刑事事件にならないようなものは保護されません。そういうように理解してるんですけど。それは理解のしかたは個人個人で違う。  公益通報者保護法の条文の字面だけを見れば井上教授の言葉にさほどの誤りはないが、労働基準法など他の法令を踏まえれば、井上教授の理解には誤りがある…続きを読む

虚偽公文書作成、偽証などの疑いで上司の教授を刑事告発するも不起訴に

虚偽公文書作成、偽証などの疑いで上司の教授を刑事告発するも不起訴に (2019/05/06) 

この訴訟では、新薬の治験ではなく、薬事承認を受け、保険診療が認められていた薬を用いた臨床試験におけるインフォームド・コンセント(informed consent、IC)のあり方が問われた。第14回では、原告側を支援した医師が、公益通報者保護法の施行を受け、上司である教授らを臨床試験の症例登録票の虚偽記載や法廷での偽証を理由に刑事告発した経緯とその結末を取り上げる。  最高裁の上告棄却の決定で控訴審判決が確定した後、訴訟で原告側を支援してきた打出喜義医師は一つの行動を起こした…続きを読む

患者から同意を得たことを示す文書がなく、大学が教授に厳重注意

患者から同意を得たことを示す文書がなく、大学が教授に厳重注意 (2019/04/17) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

被告国依頼の意見書を「プロトコールを見ずに作成」と告白、謝罪した大学教授

被告国依頼の意見書を「プロトコールを見ずに作成」と告白、謝罪した大学教授 (2019/04/04) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

「試験的側面」のある「治療」の説明義務で控訴審判決は

「試験的側面」のある「治療」の説明義務で控訴審判決は (2019/02/15) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

産婦人科教授が証言した「比較研究の形」にした理由

産婦人科教授が証言した「比較研究の形」にした理由 (2019/02/04) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

「人体実験」と法、患者の人格権を法学部助教授と付属病院講師が探求

「人体実験」と法、患者の人格権を法学部助教授と付属病院講師が探求 (2019/01/29) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

医師の説明義務違反を認め、損害賠償の支払い命じた金沢地裁判決

医師の説明義務違反を認め、損害賠償の支払い命じた金沢地裁判決 (2019/01/15) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

正反対の内容の2つの症例登録票、裁判長が医師を尋問

正反対の内容の2つの症例登録票、裁判長が医師を尋問 (2018/12/28) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

「被験者からの同意取得は必須」元助教授も意見書

「被験者からの同意取得は必須」元助教授も意見書 (2018/12/03) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

外国公務員贈賄の処罰「日本はほとんど執行なしの最低ランク」

外国公務員贈賄の処罰「日本はほとんど執行なしの最低ランク」 (2018/10/23) 

 トランスペアレンシー・インターナショナルのOECD条約履行監督官、ジリアン・デル氏はこう述べる。  「外国公務員贈賄罪の捜査・執行強化のためには、当局に強い法的枠組みと予算をもたせること、内部通報や公益通報の保護法など関連法制の整備が必要だ。ホワイトカラーが犯す罪への捜査員や検察官および裁判所の人員や予算が不十分である国が多い」  さらに、国際司法共助による国境を越えた捜査を容易にすること、公正な抑止・処罰のために透明性や説明責任、手続きの適正さを確保すること、贈賄に関連する資金洗浄及び不正会計への処罰の徹底も必要である…続きを読む

抗がん剤「臨床トライアル」の真の目的は何だったのか?

抗がん剤「臨床トライアル」の真の目的は何だったのか? (2018/10/19) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む

臨床試験の被験者となっていたか否かで大学と患者の側が対立

臨床試験の被験者となっていたか否かで大学と患者の側が対立 (2018/10/01) 

 より有効な病気の治療法を開発するために人の体を使って行う臨床研究は被験者の保護とデータの信頼性確保が欠かせないが、日本では近年明らかになったディオバン事件にみられるように、臨床研究をめぐる不祥事が絶えない。 この連載 の 第1部 では、生命倫理研究者の橳島次郎氏と朝日新聞の出河雅彦記者の対談を通して、「医療と研究をきちんと区別する」という、現代の医学倫理の根本が日本に根づいていないことを、不祥事…続きを読む